研究が進む蜆オルニチン効果

蜆オルニチンと言えば、多くの方々が「二日酔いに効く」と声を揃えられます。
世の中にサプリメントなる健康食品が登場するずっと以前より、昔の人達は蜆貝を食する事で二日酔い改善が叶う事を知っていましたが、あくまで「実体験」を通じての生活の知識でした。
その後オルニチンに関する研究が進み、科学的な視点あるいは医学的な検証から、蜆貝の群を抜いたオルニチン含有率や、私達の体内での具体的な働きが検証されました。

今日もこの成分の更なる可能性を模索する研究は進んでおり、肝臓機能回復以外にも、さまざまなプラスアルファ的な効能が確認あるいは期待されています。
中にはエンドユーザーの主観的レベルの効能も含まれていますが、現在着目されている蜆オルニチンの効能を、幾つか紹介しておきたいと思います。

まずは医学的見地から、成長ホルモン分泌効果に視線が注がれています。
これに関しては現在も研究中ですが、確かな検証結果が得られたとすれば、蜆オルニチンの効能を現在以上に役立てる事も叶うかと思われ、大きな期待が膨らみます。
更にはいわゆる「疲れ肌の改善効果」も着目されており、とりわけ女性に採って嬉しい効能です。
既に疲れ肌にお悩みの女性に蜆オルニチンを摂取してもらい、その効能を検証したデータをインターネット上で閲覧出来る環境となっています。
あくまで効能を実感されているのは当事者ですので、データは主観的に語られている事を加味せねばなりませんが、オルニチンと美容効果との関係も見逃せません。

その他肝機能改善に限らず、他の要因での疲労感改善や、アンモニア体臭の軽減効果など、蜆オルニチンが有するさまざまな可能性に対する検証が、色々な手法で実践されています。
飲み過ぎた翌朝の食卓で湯気を立てていた蜆汁は、現在蜆オルニチンサプリとして身近な健康食品となり、近未来更なる進化を見せた製品となって行く事でしょう。
決して大袈裟では無く、蜆オルニチンは私達の子孫の健康の「鍵を握る」存在だと言えるのです。