安全再優先で正しく使用

昔からの諺の「過ぎたるは及ばざるが如し」は、蜆オルニチン摂取にもズバリ当て嵌まります。
蜆貝が豊富に含有するオルニチンは、私達の肝臓内でその優れた効能を発揮するアミノ酸の1種類であり、二日酔い改善や健康回復に大いに活躍してくれますが、忘れてはならないのが「適正な摂取」なのです。

二日酔いにはしじみ汁が良い事は、未だサプリメントが一般的に認知される以前からの私達共通の「生活上の知識」でした。
だからとお腹を壊す程に蜆汁を朝から食べ過ぎてしまえば、本末転倒どころか愚行以外の何物でもありません。
消化器系を痛めつけた状態では、せっかく沢山食した蜆のオルニチンを健康的に体内に採り込む事は叶いません。

蜆オルニチンを抽出して健康食品に精製した蜆オルニチンサプリの摂取に際しても、使用上の注意に明記された「正しい摂取」を忘れてはなりません。
いくら肝臓機能に有効と言えど、過剰摂取は逆に肝臓自体に負担をかけてしまう事となり兼ねません。
私達の心理として、期待した程の効果が得られないと焦ってしまい、摂取量を増やしてしまう行為に走りがちですが、この場面で思い出していただきたいのが、冒頭の諺が指す意味なのです。

蜆オルニチンサプリに含まれるオルニチンは、蜆貝数十個から数百個、あるいは千個単位を食するに値するとも言われています。
「極めて濃厚な蜆オルニチンの塊」だと捉えた上で、適正な分量を摂取してこそ、製品が有する正しい効能を最大限体感出来るのです。
何より過剰摂取は元来の高い安全性を、自ら低下させてしまう行為にも他なりません。

蜆オルニチンの数々の効能は、既に科学的に確認検証されています。
私達の身体に対する適量も、しっかりと弾き出され、その数値に基づいて製品化されていますので、絶対に自己判断での過剰摂取に走らぬよう、十分肝に銘じておきましょう。
また反対に、効果が大き過ぎる、あるいは何らかの不自然さや違和感を覚えた際には、速やかに摂取を一旦中断する判断力も忘れないでください。