蜆貝の突出した含有率

私達の肝臓の働きを強力にサポートしてくれる、アミノ酸の1つがオルニチンですが、勿論蜆貝以外にも、私達が日常食している食品に含まれており、私達の体内にも存在しています。
ですが数ある食品の中でも、蜆貝の含有率はその数値が突出しており、そうした科学的データが確認される以前から、昔の人達は蜆貝が健康に大いにプラスとなる事に気づいていたのです。

具体的な数値として、蜆貝の身100gに対してのオルニチンは、約10~15mgであり、次に豊富に含むキハダマグロが2~7mg程度、ヒラメで0.6~4mgとのデータが存在しています。
これだけでも蜆が「オルニチンの塊」的な食材である事が、ご理解いただけるかと思います。

私達の健康状態に深く関係する肝臓のコンディションですが、この成分以外にも肝臓に良いとされる成分は各種存在しています。
たんぱく質、アラニン、タウリン、ビタミンなどの成分が挙げられ、私達が日常色々な食物を通じて摂取しています。
ですが先述の通り、オルニチンに関しては蜆貝だけが突出して含有しており、結果「オルニチンを摂取するなら蜆貝が最も効率が良く、他に匹敵する食材が見当たらない」現状となっているのです。

そんな蜆貝の特性に着目し、蜆貝のオルニチン成分を抽出して製品化したのが、今日大ヒット商品として周知の蜆オルニチンサプリなのです。
成分だけを取り出して凝縮した健康食品ですので、蜆貝を大量に食する以上のオルニチン摂取が数値的に可能であり、私達を悩ませる二日酔いの改善に大きな効果を見せてくれるのです。
サプリメントとして摂取したこの成分は肝臓内で活躍を見せ、大量のアルコール摂取で鈍った肝臓元来の機能を、力強くバックアップしてくれる優れ物なのです。

何より手軽に摂取出来るサプリメントですので、携帯も可能なのも大きな魅力です。
蜆汁をポットに入れて持ち歩くのは大変ですし、何よりオルニチンの含有率が天と地ほど違います。
二日酔い対策のみならず、日常的に正しく継続的に摂取する事で、肝臓の健康状態を常日頃から健全に保つ事も出来る、蜆オルニチンは私達の明るい毎日の心強い味方なのです。